滋賀県

道の駅 湖北みずどりステーション(さざなみ街道(県道331号線))

by 道の駅

道の駅 湖北みずどりステーションは、滋賀県の東北部琵琶湖畔 湖北水鳥公園内にある鳥の形を模したちょっと変わった形の道の駅です。
あたりはコハクチョウや天然記念物であるオオワシ、オオヒシクイの越冬地になっており、10月から3月までたくさんのカメラマンで賑わいます。また夏には県鳥のカイツブリやカルガモの子育て、タカの狩りの風景など、四季を通してたくさん水鳥達が飛来してくるため、自然を肌で感じるとることができます。
また、当駅からの景色は心打たれるものがあり、遠く対岸の山々に沈んでゆく夕陽と湖面のきらめきは『日本の夕陽百選』にも選ばれるほどきれいで、きっと皆様の心を満たしてくれると思います。
そんな琵琶湖畔の景色や華麗な水鳥たちの飛来が楽しめる「夕陽と水鳥の里」から地元の伝統・文化・人・温かさを伝えるべくがんばって参りたいと思っております。