栃木県

道の駅 どまんなか たぬま((主)佐野田沼線 県道16号 「道の駅」交差点角)

by 道の駅

ユニークな駅名は、佐野市の田沼地区に日本列島の中心地があるからです。日本列島の東西南北の基準点を線で結び、その線が交わる中心点が佐野市(旧田沼町)にあります。まさに「どまんなか」の街なのです。佐野市は万葉集にも詠われた歴史と文化の郷であり、おいしいものとして佐野ラーメンやいもフライが有名です。道の駅では自慢の本格中華料理の店「花と華」をはじめ、農産物直売所では新鮮な野菜類やこだわりの物産品が充実しています。手作りジェラートアイスや生ジュースの店、たい焼きたこ焼の店、焼きそば豚まんの店などおいしいお店がたくさんございます。イベントも盛りだくさんに企画し、夏には恒例の「お化け屋敷」が開催されます。地元アマチュアが集う音楽イベントも多くの方に楽しまれ喜ばれています。日本の「どまんなか」で楽しい時間をお過ごし下さい。