• TOPページへ戻る
  • 道の駅検索
  • 未知倶楽部
    • コンセプト
    • 活動報告
  • 道の駅エコステーション化計画
    • 道の駅エコステーション化計画
    • 道の駅エコステ研究会
    • 事務局だより
    • 事例紹介
  • 道の駅からの情報
    • 各駅のイベント情報
    • 駅長コラム
    • 駅長ブログ/リンク集
  • 道の駅に関するレポート
    • 道の駅ビジネスレポート
    • 「九州」道の駅探検記
    • 「北海道」道の駅探検記
    • 特選道の駅レポート
    • 道の駅アンケート結果
    • 未知倶楽部ドライブ

HOME > 未知倶楽部コラム > ■□道の駅エコステーション化計画〜有事の備えは平時の営みから〜□■

未知倶楽部コラム

■□道の駅エコステーション化計画〜有事の備えは平時の営みから〜□■

2011年08月16日

道の駅は2004年の中越地震以来、緊急時対応拠点としての役割がクロースアップされていましたが、今回の3.11東日本大震災においても、道の駅が果たした役割は大きく、その役割が再評価されています。

未知倶楽部としても、現地取材やアンケートによる独自調査を行った結果、有事の際、先ずは、道の駅として平時に求められる基本機能(駐車場、トイレ、情報施設)が平常どおりに近い形で維持されていることこそが、もっとも必要とされるのだということを再認識しました。

また、災害時において道の駅が地域の人々と助け合って問題解決ができるのは、普段の営みの中で人と人とがつながり合っている姿が有ってこそです。ただ単に有事を想定して資機材を揃えるだけでは不十分であり、むしろそれを運用する体制づくりに道の駅を核とした地域ネットワークをどう活かすか、そのようなことを予め十分に検討し、関係者、住民のコンセンサス(合意)を得る地道なプロセスが不可欠です。

更に、次世代型の「道の駅」は、各地におけるエネルギー、環境、コミュニティ、それぞれのあり方のモデルとなり得るものであると、未知倶楽部は考えます。

このようなアイデアを深めて、実現していく活動を、未知倶楽部は、「道の駅エコステーション化計画」と名付けます。

未知倶楽部は、道の駅を取り巻く全ての関係者、すなわち、道の駅の管理者である市町村等の基礎自治体や道の駅の運営者である事業者をはじめ、道の駅のユーザー、国、企業、その他の皆様と一緒に、「道の駅エコステーション化計画」について広く議論を深め、地に足の着いた提案に育てていきたいと考えております。また、「道の駅エコステーション化計画」の趣旨にご賛同頂き、一緒に推進して頂けるパートナーを募集しております。

お申込みはFAX,またはMailにて受付けております。 申込み用紙はこちらから。
その他ご興味のある方は、未知倶楽部ウェブサイトのトップ画面からお問合せ頂ければ幸甚です。

************************************************************************************************************

eco
Copyright © 2011 未知倶楽部 All Rights Reserved. 無断転載禁止

**********************************************************************************************************
【道の駅エコステーション化計画 関連ページ】

2011年12月8日  未知倶楽部事務局
■ 第9回道の駅価値創造セミナー講演録

2012年3月20日  未知倶楽部事務局
■'Zipang Graphia'誌 第5号に掲載
執筆者

自動車ビジネスクリエーション室長 賦勺尚樹

ページTOP